Home > スポンサー広告 > サイバー化について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

ONEMAN URL 2007-04-04 (水) 22:01

ほぇーそんなことが

本当にできれば確かに凄いですよね
最後の部分は本当にならないことを願ってます…

キール(Suml URL 2007-04-06 (金) 19:35

すげーけど、
個人情報保護法に引っかかってますね。
しったこっちゃ無いですけど
じゃぱーんに投入されないことを祈る(ぁ

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://winlabo.blog87.fc2.com/tb.php/33-e9092144
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Labo+

Home > スポンサー広告 > サイバー化について

Home > 思想 > サイバー化について

サイバー化について

以前紹介した"セカンド・ライフ"も驚愕のテクノですが、あぁいったものを間を置かずに見せられると、自分の視野が如何に狭いかが分かりますね。
かつて(バードだかクヌートだか...)ある数学者が「既知の数の範囲はあまりにも小さく、取るに足らない。我々の知らない巨大数の領域で何かとても面白いことが起きているかも知れない」といみじくも語っていました。

一体webの縁では今何が起こっているのだろう?

東の大陸ではアバターを使って第二の人生を歩まんとする国造りが進んでいるそうです。
一方我が国のお隣では2000年ぶりに、万里の長城を建設しているとか。
蛮敵など言うに及ばず、姿無き情報まで遮断するという代物。

その名は「金盾」

2008年北京オリンピックまでの完成を目標に、構築されている巨大検閲システムとか。未完成の現段階に措いて、既に中国国内外のインターネット上の情報の流通を検閲し、政府当局に対する悪意を持つと判断される情報には触れられないように手が組まれています。

将来的にはユーザー各人のPCをシステムが完全に識別・監視する体制が出来上がるとのこと。あれだけ巨大な国で情報の統制を試みるなんて、一聴すれば史上最大の実験、まぁホラな話に感じますが内陸部だけを見てもその試みは成功していると言えそうです。

ちなみに金盾の存在は大部分の中国国民には知られていないとのこと...

しかしこのレベルの事業が可能だと言うのならば、僕らもぼんやりしていられませんね。仮にこの国が中国と同じ状況に陥っているとしても、ほとんどの国民は気付けないのでしょう。眉唾ものの陰謀論が真価を得るということですね。

何れにしろ安価で入手・使用ができるPCが世界的に普及すれば、幾許か世界の水平化が進むんでしょうが、金盾の存在は確実にそれを妨げますね。

米国では金盾に「穴を掘る」プログラムを開発・中国のユーザーの救済にあたる人々がいるそうです。何だかデジャブですね。

最後に、誤解されるといけないのですが、僕はこのシステムが善いか悪いかについてを語っている訳ではありません。ネット検閲自体は、webを法に照合しようとする多くの国々によって既にされているそうですし、中国国家の価値観を考慮し、昨今の「ボーダーレス」の広がりを勘定に入れればこれは世界の潮流の先駆けなのかも知れません。

まぁ一説ではこのシステム、隣の国のwebやら通信まで覗いてんじゃ無いかって噂がありまして、本当ならちょっと嫌な気分ですね^^;
スポンサーサイト

Comments:2

ONEMAN URL 2007-04-04 (水) 22:01

ほぇーそんなことが

本当にできれば確かに凄いですよね
最後の部分は本当にならないことを願ってます…

キール(Suml URL 2007-04-06 (金) 19:35

すげーけど、
個人情報保護法に引っかかってますね。
しったこっちゃ無いですけど
じゃぱーんに投入されないことを祈る(ぁ

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://winlabo.blog87.fc2.com/tb.php/33-e9092144
Listed below are links to weblogs that reference
サイバー化について from Labo+

Home > 思想 > サイバー化について

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。