Home > スポンサー広告 > あはれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://winlabo.blog87.fc2.com/tb.php/10-98058fd2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Labo+

Home > スポンサー広告 > あはれ

Home > 思想 > あはれ

あはれ

地味に凄い技ってのは数え切れない程あります。
「竹輪笛」とか「ペン回し」とか「芋判子」とか...

しかし...極稀にTVに御呼ばれされ、何やかんやと技を出し尽くされ
暫しの茶の間の閑話になるその程度の...が哀れ...
大方、地方局の時間埋めの凌ぎのダシにされるんですよね。
向こうにしたって元の意識がその程度の物ですから、中途な扱いに留まるんでしょうし、居座りが悪い。
演者が緊張してたりすると、もう見てて切ないレベルです。

もっと言うとそのに名前が付いていたりすると更に切ない。

何だか何処かで聞いたことがある様な、ヨコモジの組み合わせ。
あの胡散臭い響きの哀れさ。
口からあんな言葉が出ていて、恥ずかしくないんでしょうか。あの時点で既に飛んじゃってるんでしょうか。
何と例えようか...それ一発だけで散っていく様な...哀しさを感じます。素直には楽しめないです。
”バラエティの素人芸コーナー”を見ているとき無性に感じるシンパシィに似ている...かも知れません。

いや、根源を辿るとサーカスのピエロに行き着くのかも知れませんね。

とてもやりきれない様な気持ちになるのですが、何故また見てしまうのでしょう。

僕らに出来ることは彼らが失敗しないようにお祈りするだけです。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://winlabo.blog87.fc2.com/tb.php/10-98058fd2
Listed below are links to weblogs that reference
あはれ from Labo+

Home > 思想 > あはれ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。