Home > 2007年02月

2007年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

These days

このごろ毎日が楽しくて仕方が無いです。
ルービックキューブを回すようにカチリ、カチリと何の曖昧さも無く日々が巡っていくのです。

なんだろう、鰻重を九つに分けて、九口で食べ終える気分。

***

しかし同時に僕は今奇妙な日々の中にいるのですね。

2月下旬から3月にかけて...
一年の中でも僕にとっては特別な日々です。
毎年のこの時候、何をしていたかと問われると、答えに詰まりますナァ。

チャンピオンロードを抜けてポケモンリーグに続く短い道を歩んでいるときの様な気分です。何だか長いこと色々やってきたけれど、そろそろ終わりかぁ...と云ったような。

あの道には静かに張り詰めた緊張感がある様な気がするのですね。
道端の花が風をうけてゆっくり揺れている。ポケモンじゃ珍しくも無い光景なんですが、変な違和感を覚えるのです。それが恐らくその気分の出所かなと思います。

もうすぐそこには扉が...

その向こうにあるのは何なのでしょう。
十三階段かね?

難問

面白い問題を聞きました。
これは世界一のあの企業の入社試験に出題された問題だそうです。

***

あなたは今、ある住居の玄関に立っています。
その住居にはA、B、Cの3つの部屋があります。
あなたの脇には3つのスイッチがあります。
その3つのスイッチは3つの部屋の照明に対応しています。
ただし、どのスイッチがどの部屋の照明を点けるのかは分かりません。
Aの部屋に一度行くだけで、どのスイッチがAの部屋の照明を点けるものか分かる方法を考えてください。

ルール

・3つの部屋の中の様子は玄関からは分かりません。
・3つのスイッチは何回操作してもOKです。

***

どうでしょう?
答えは後程。

禁忌

生きた細菌のDNAに情報を保存する実験が成功したそうです。慶応大の御手柄。
数十世紀もの長きに渡って保存が可能。媒体が増殖するんですと。
記憶容量は250KB程度でこれは一昔前にあったフロッピーディスクの容量程だとか。

最早そんなことが出来る時代なのですね。
いやぁこのペースで進んでいくと僕達の世代の出番が無くなってしまうのでは...(笑
情報保存も良いけれど生体発電はまだかね 科学者の諸氏。

***

量子コンピュータなんてのも取り沙汰されてますけれど
生物学の分野から、人間サイズの脳の複製を介せば完全なものが手に入るんじゃ無いでしょうかね。人間の意識は量子コンピュータのそれと原理的に同じ(若しくは非常に似ている)だそうですからね。

なんて荒唐無稽な話はさて置き、
遺伝子にいたずら書きをする人類と云うのは
しばしば”生命の樹の実に触れようとしている”なんて例えられていて
聞こえはふぁんたじーですけれど、強い危惧なんですね これは。

もしも科学者が空気接触に耐え、熱に強く、潜伏期間が長いウィルスなんてのものを作ってしまったら人類はほんの数ヶ月で死滅するでしょう。
核兵器なんてその脅威に比べれば取るに足らないものです。

残念ながら現在までに人間が空想したことは98%実現しています...

変り種が好き

高橋源一郎と云う人が居る。
中島らもと云う人が居る。
椎名誠と云う人が居る。

***

高橋源一郎さん...はまだまだ僕にとっては謎の多い人と言うか...
競馬好き、ファミコン好き(今ではGC、Wiiを楽しんだりしているのだろうか)、英語が堪能、ユーモラスな猫を飼っていることくらいしか知らないです。でも好きだなぁ、この人とこの人の書く文章。格調高い感じなのに、どこか一本ネジが抜けていて(抜いていて)味が出ている。
詰まらない、平凡な文章になるギリギリのところまで持っていって、最後の最後で一捻りする感じ...判り難いですけれど;
いやぁ平凡王に書かれていた高橋さんの謎の妻、「ワイフ」の正体が室井佑月だったとは驚きです。何だか只者じゃ無さそうな描かれ方をしていましたけど、まさかそこまで有名な人だったとは。僕はつい一昨日知りました。そう云えばどことなく雰囲気が似ているような...?関係ないけれど。

***

「ガダラの豚」が教科書で取り上げられて(載せられて、では無い)いたような中島らもさん。
今更ながら御冥福をお祈り...しかしこの人があと一世代程遅れて生まれてきたらどんなに良かったことかorz
広告を作っていたのが影響しているのか、多くの人の考える小さな一般論まで見抜いて文が書けると云う奇特な人。と勝手に決め付けています。もう一つ凄いところは、タイトルの語感が独特で面白い...
何処の国の言葉ともつかぬ様な、風変わりな響きがとても面白い。

***

椎名誠さんの文体は昭和軽薄体と呼ばれているそうですね。読んでみると「あっ … おぉ」と納得。
アウトドアな方なので野外生活とか異国の情緒を描いた作品が多いとか。でも日常を描いたエッセイ風の作品もあるみたいですね。
椎名さんにとっては日常の生活も、読者(少なくとも僕)にはアブノーマルな凄ぇ世界の話に見えるから不思議...
息子の岳さんはお元気でしょうか。

ネット検閲

インターネットを検閲するなんて不可能だと思ってたら
それを公にやってる国ってのは少なくないそうなんですね。

宗教とか政治思想とか国家指針とか
インターネットはそう云うものを超えた存在だと思っていたんですが。

まだまだ人間の手に負える内は未熟ですね。
独り歩きし始めないでしょうか。

メールの内容等も覗かれたら嫌だなぁ...
SSLが禁止されている国もあるとか

そういうこと考える人達に囲まれて暮らすと耄碌してくるんでしょうかね。

恋人バトン

『恋人バトン』

注意:最後までしっかり読むようにっ!!!


1.今付き合ってる恋人はいますか?
居ますよ。黒髪が素敵な方です。

2.その恋人と付き合ってどれくらい経ちますか?
そろそろ二月経ちますね。出会った頃の輝きはまだ失われていません。

3.この恋人と付き合ったキッカケは?
何というか... 狙い目だったんです。

4.この恋人以外に過去にどれくらい恋人いました?
ひとり。今の方にそっくりだったんですよ。
赤髪が印象的でしたね。

5.一番長く続いた恋人とはどれくらいですか?それはいつ頃?
前の方とは一年程お付き合いさせて頂きました。

6.逆に一番短かった恋人とはどれくらい?
今の方とはあまり長くは居られないでしょうね...

7.恋人を色に例えるなら何色ですか?
えぇ勿論黒です><

8.恋人との思い出があればどうぞ!
前の方と性格がまったく異なっていて、戸惑っていたんですが
付き合いを重ねる内に良さが分かってきました。
 
9.浮気願望はある?
内緒ですが、あります><

10.今の恋人に一言!!
最近は何回も歌わせちゃってごめん><

11.まわす人
のっち君 茄子君


































!!!!!!!!!!注意!!!!!!!!!!

注意2:恋人=携帯電話
いかにも人間のようにバトンは書いてみてください!!!!

血液型バトン

バトン貰いました。

1.自分の血液型は何ですか?
汎用A型

2.血液型であう、あわないはあると思いますか?
無いのでは

3.自分の血液型は周りにどう評価されている?
Oに間違われます>< 父はOですよ

4.自分の血液型で得した、あるいは損したことは?
無いですね

5.友達で一番おおい血液型は?
Oだったりするような

6.各血液型にもっているイメージ教えて☆
A 軟弱
B コロ助
O ドラえもん
AB インテリ


7.もし生まれ変わるなら何型になりたい?
何でも良いですよ

8.苦手な血液型はありますか?
無いです

9.恋人(好きな人)は何型?
聞いてみましょうね><
 
10.気になる人が自分の苦手な血液型だったら?
苦手な血液型無いですもの

11.旅行に4人で行くことになりました★理想の組み合わせと理由を教えて☆
A,B,O,AB

12.バトンを廻したい5人
これを見たO型の人
これを見たO型の人
これを見たB型の人
これを見たA型の人
これを見たAB型の人

英検

英検に嵌ってます。
STEPの奴ですよ。実用技能ナンタラってのです。

資格は身を助けます(英検よりTOEIC、TOEFLの方が国際的には通用するんでしょうが)。
何と言わずもがな。将来的に、役立ってくれたら良いな...と思っています。

2006年度第3回の一次試験が先月在りました。
当然受けましたけれど...

流石250万人の英検と銘打っているだけ在って、受験者はかなりの人数
受験する級によっておおよそ年齢層が分かれるのですが、「アレ!?」と云う様な方もチラホラ...

一番驚いたのは4,5歳にしか見えない子がよちよちと教室に入ってきたことですね。
僕の受けた準2級は(程度の差はあれ)高校中級(2年生くらいってことでしょうか)レベル、センター試験範囲とか言われています。

どこぞの英語塾(?)のCMで「英語が勉強になる前に」と云うコピーが在りましたけれど、まったく幼い段階からモノにしている方は強いですね。尤もあの子やあの子の様な子達にとっては大したことは無いのでしょう。天晴脱帽...

試験自体は中々難易度が高かったです。
リスニング対策が不十分だったのか、苦労しましたね。
文法は先ず先ずでしたけれど。



ふと前の席を見ると、クラスメイトが座っていたので驚きました(^^;
彼は僕が学校で参考書を読んでいると、いつも話し掛けてきてアドバイスをしてくれていました。
「何だかイヤに詳しいなぁ」と思い、もしやとは思っていましたが
誰にも言わず受ける心算だったとのこと。

まさか前後の席になってしまうとは(笑

試験が終わった後は、何だか決まり悪そうにしてそそくさと帰ってしまいましたね(笑

***

一次は何とか合格したようです(・ω・`)
と云う訳で二次試験対策を始めています...

平成攘夷とこの記事を読み比べると何かに気付くかも知れませんが、気のせいです)

エスパニョーラ

赤と黄色への条件反射と云うものがあります。

社会の授業なんかだと頻出用語はほぼこの二色で示されるので
信号機の催眠効果だか判りませんが、僕はあの色にパブロフの犬よろしく飼い馴らされてしまうのです。







そんなことどうでも良いんですがもっと品揃えの良い文房具店が出来ないものでしょうか...

「セカンドライフ」は凄いらしい

日経パソコンを拾い読みしてたら面白い記事があったので紹介。

ネット上にリアルな(3Dの)仮想空間が出来たそうです。
その名もずばり「セカンドライフ」。

...人生を演じる空間と銘打っております。

街を散策し、都市を巡る。果てし無く広がる世界の中で、旅を続ける。
他のユーザーと協力して、建物を造ったり、街を創ったりする。
好きな物を何でも、自在に創造する。乗り物でも建物でも衣服でも。
大手企業の出展する仮想店舗に行き、様々なサービスを得る。
仲間を集めてイベントを起こす。コンサートでもデモ活動でも。
店を起こし、自由に物を創って売り、現実世界での生計を立てる。

...という嘘の様なことが出来てしまうそうです。

こういうサービスは早いもんが後々美味しい目にありつけるのが慣習ですね。
今から陣取って古参のボスになりましょ。

その内、入植者が徒党を組んでグループが出来る等、色々な展開があるんでしょうね。
街の長が集って話し合いの場を設けたり、クリエイターの卵が集って新たなプログラムを作ったり...

セカンドライフのユーザー同士で会社を作ったりすることも出来そうですね。

いや まったく人間の行動というのは「集る」ことに尽きるんですね...

良い面ばかりでなく悪い面で言えばユーザーの中には犯罪者も多く紛れ込んでいるんでしょう。
アンダーグラウンドのアウトローな方達がセカンドライフを通じて情報交換を行い、現実世界で(仮想世界においてもですが)犯罪を実行するとか。

そうなると管理側がそういった方達を捜し出そうと、警察的存在となって現れる訳で
これはどう見ても「マトリックス」のスミスwww

結論:人類総アバター化の先駆け...と考えてみるとワクワク。

技術の刷新というのは大方の人間の想像を超えた速さで進んでいるんですね。
久々にwktkが止まらないニュースでした。

Home > 2007年02月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。