Home > 2007年01月

2007年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

不条理

例えば茹で麺の調理法について

「・3分で美味しく頂けます」

なんて聞いたとき

「・3分目に食べ始めればベストなのか?」

「・3分目に調理を終えればベストなタイミングで食べられるのか?」

という疑問が湧く。
別に如何でも良いことなのだけれど(実際には「3分で火を消す」とか具体的に書いてあるのだろうし)こういうことに躓く人と云うのは他にも居るのだろうか...そこが気に為った。

加えて、「世の中には食べたくても食べられない人が居るのだから、食べ物を残してはいけません」と親に言われて意味不明だったのは僕だけでは無い筈だ。

「食べ残して分けてあげた方が良いんじゃ無いのだろうか」

と長いこと考えていた。
この脱線のもとは表現の問題にある。

「食べ残してはいけない」=「粗末にしてはいけない」

と云う意味なのだろう。
誤解の基にはこんな細かなこともあるのです。

ここからは僕個人の話になる。
小学校入学当初のこと。
カリキュラムみたいな冊子に「自分のことは自分でやりましょう」と書かれていた。
親はそれを僕に教え、それからは夕食の食器の片付けやらを僕にさせる様になった。

「自分のこと」を自分でやり終え、部屋に戻り本を読もうとすると、
親が怒って声を掛けてきた。

「まだ食器が残っているじゃないの!!」

それは親の使った食器だった。

「え、自分のことは自分でやるんじゃないの?」

当然親が使った食器は親が片付けるもの...と考えていた僕は怒鳴られてしまった。食べ残しに関することも含めて、その頃はおかしなことばかりしていた。両親に言わせれば早くも「何だか変な子供が産まれてきてしまったなぁ」と為っていたのだろう。

「車の中で待っていてね」と言われて、「僕の見えないところで他の誰かにすり替わっていないとも限らないから、嫌だ!!」と返した記憶がある。
当時大好きだった緑色の毛布にくるまりながら、その表面を指でなぞって「カンカンカン」(踏み切りの音?)と口ずさみながら電車の真似(その真意は覚えてない)をしたことがある。
小学校に入学した当時、母親が「あの校長先生も結構なジイさんよネ」と言っているのを聞いて「だ、駄目だよ、そんな悪い言葉を使っちゃ!!」と注意した記憶がある。心の中で「じじい」と呟くことにさえ罪悪感を抱いていた。まして他人の口からそんな言葉が出るなどと、信じられなかった。...今考えると有り得ない...(笑 それも偽善でも何でも無しに、本気で罪悪感を抱いていたのだ。

大人が冗談を(ちょっとブラックな)言っても何が面白いのかさっぱり分からず、「この人達は何故、こんな酷いことを言うのだろう」とただ不思議に思っていた。
そんな幼子だったので僕は「捻くれ者」「屁理屈屋」と云うレッテルを貼られ、訳が分からないうちに「暗い子」と呼ばれ親戚にまで罵倒された記憶がある。自分にしてみれば、言われたことを素直に感じ、その通りに行っていた心算だったので悲しくもあった。

「あんたねぇ、真面目過ぎんのよ」

「可愛気の無い子だねぇ」

「そんな真面目に考えちゃってどうするの?」

こんなことを、その頃よく言われた。

月日は流れて...
大分汚いものも見てきたし、世間の不条理だって不合理だって身を持って受け止めてきた。
ほんの少し...少しはマシになったのかな、と思う。

しかし、今でも茹で麺の調理法みたいな訳の分からないところに足を取られてしまうときがある。


それはそれで良いのかも...知れない。

IQ

某知人のblogを読んでいたら思い出しました。



***




世の中には便利なものが在ります。人間の能力を数で表すことが出来るそうです。
それも僕にとって最も関心の高い知的能力を。

IQ...Intelligence Quatientというラベル。

複雑で多種多様な人間達を、一揃いの数値でカテゴライズできる道具。
僕にとってはそれはもう魅力的なものでした。

250 ウィリアム・ジェイムズ・サイディス
220 レオナルド・ダ・ヴィンチ
216 大前 研一
215 トルーマン・カポーティ
210 ネイサン・レオポルド
210 金 雄鎔
205 ゴッドフリート・ライプニッツ
200 アルフォンス・カポーネ
200 マリア・キュリー
200 ダニエラ・シミチェワ
200 エリオット・トルードー
200 矢野 祥
200 コンドリーザ・ライス
198 ジョン・スチュアート・ミル
190 フィリップ・エメアグワリ
190 アイザック・ニュートン
187 ロバート・フィッシャー
186 マリリン・ヴォス・サヴァント
185 中島 らも
185 ヨハン・ヴォルフガンク・ゲーテ
182 ウィリアム・クリントン
180 エドワード・ウィッテン
180 村井 秀夫
180 ヨーゼフ・ゲッベルス
180 ブレーズ・パスカル
180 ベンジャミン・ネタニヤフ
180 コリン・パウエル
179 松岡 充
178 筒井 康隆
173 アルベルト・アインシュタイン
170 セオドア・カジンスキー
170 アンドリュー・ワイルズ
170 ノーマン・シュワルツコフ
170 ユディット・ポルガー
170 西村 博之
160 ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ
160 リチャード・ローブ
160 スティーブ・ラッセル
160 スティーブン・ホーキング
160 ジル・セント・ジョン
160 ポール・アレン
160 沖田 浩之
160 ベルンハルト・リーマン
160 レジー・ジャクソン
159 クライブ・シンクレア
155 飯野 賢治
155 デイヴィッド・ヒューム
154 岩崎 ひろみ
150 アドルフ・ヒトラー
150 アマデウス・モーツァルト
150 ホレーショ・ネルソン
150 山本 昌邦
150 モーゼス・メンデルスゾーン
145 フリードリヒ・ヘンデル
145 ミケランジェロ・ブオナローティ
140 マドンナ・リッチー
138 所ジョージ
136 中村 ちひろ
135 イマヌエル・カント
135 ルードヴィヒ・ベートーヴェン
135 アイザック・アジモフ
132 北野 武
132 石坂 浩ニ
130 ジャック・ルソー
130 オノレ・ド・バルザック
126 中田 英寿
125 ガリレオ・ガリレイ
125 カール・マルクス
124 安倍 なつみ
122 堀江 貴文
122 ジェームズ・ワトソン
120 ルドルフ・ヘス
120 アンリ・ファーブル
119 ジョン・F・ケネディ
117 矢口 真里
116 中山 亜微梨
115 フランシス・クリック
110 加護 亜衣
109 チャールズ・マンソン
109 ジャック・ルビー
109 天野 祐吉
108 保田 圭
105 辻 希美
104 中澤 裕子
103 リー・オズワルド
102 大久保 清
101 梅川 昭美
100 吉村 作治
98 松本 人志
98 後藤 真希
97 ジョージ・ハーバード・ブッシュ
95 出川 哲郎
95 石川 梨華
91 ジョージ・ウォーカー・ブッシュ
75 尾上 縫
70 最も知的なチンパンジー
68 山下 清
40 最も知的な犬
20 最も知的な猫

調べてみれば幾らでも(正確さは差し置いて)出るものです。
この数だけ人生があり、歩いてきた道や、見てきた物が異なる無数の経験があります。
...そしてそれらは予想だにしない、驚きを与えてくれます。

傍見の無味乾燥な数値に、その人間の業績が凝縮されている様な気がします。カラフルなジェリービーンズを口いっぱいに頬張るような、幸せを感じます。

***

勿論、IQ等と云うのは人間の一つの側面の、それまた一つのパラメータでしか無く、それだけで人間を評価するには値しません。カテゴライズと云うのは厄介です。教師が心理的に横暴に変化していく(と云われている)のと同様に、人間を傲慢にさせる幻想を含んでいます。所詮IQだけで人間を査定することは出来ません。
ジェリービーンズがカラフルなのは合成着色料のお蔭...という訳です。

***

では一体自分のIQは幾つなのでしょう?
知人も紹介していた、IQテストのサイトにて診断したところ...
result

現時点では、IQ150だそうです。

…そう云えばかつて、
MENSAに入会を申し込もうと、
慣れない英語を使って(翻訳機は便利ですが)mailを送ったことがありましたが見事に断られましたね。
何でも18歳以上の方にしかテストは実施しないのだとか(この国では)。
彼らは皆、25歳以上なのだそうです。

そのmailを送ったとき、僕は12歳でしたね(笑
いや今だってまだ、テストを受けられない年齢ですさ...

変換バトン

長いんで前編で勘弁ざんす。

あいーん:愛ーん
どっぐふーど:ドッグフード
こまねち:こまね血
みかん:ミカン
だっちゅーの:奪ちゅーの
りかちゃん:里香ちゃん
きれてないっすよ:切れて名逸すよ
かんじゃにえいと:患者に栄と
やっさん:ヤッサン
ようかん:洋館
かとぅーん:華トゥーん
ぶいしっくす:部位シックス
きんききっず:近畿キッズ
ひつがやとうしろう:ひつが雇う四郎
かんじゃに:患者に
おれさまのびぎによいな:オレ様の美技に良いな
おきたそうご:おきた相互
むひょうとおる:霧氷お折る
くさのじろう:草野次郎
きくまるびーむ:聞く○ビーム
ばんぷおぶちきん:万夫オブチキン
でぃぐれいまん:ディ具レイ万
ひさぎしゅうへい:ひ差ぎ州兵
ごりょうだらにまる:御陵陀羅尼○
まじんたんていのうがみねうろ:間人探偵脳が峰うろ
あばらいれんじ:亜払いレンジ
じゃすてぃすはちまき:ジャスティス鉢巻
きいろいこのはせんこう:黄色い木の葉選考
ばいきんまん:ばい菌万
あざーっす:亜ザーッス
おめぇにくれてやるたんめんはねぇ:お目ェにくレ手やる短面羽ぇ
にんたまらんたろう:任貯まらん太郎
たきはぎのすけ:滝の儀の助
あとべけいご:跡部圭吾
ているずおぶあびす:手居るオブ亜ビス
ろーぜんめいでん:ローゼンメイデン
ことぶきしんじゅ:寿真珠
おいでよどうぶつのもり:御位で世動物の森
ろくどうむくろ:六道骸
ぽろろっかせいじん:ポロ六火星人
ぜるだてんしん:ぜるだ転進
おじゃるまる:尾JAL○
じんちゅうりき:陣中利器
はちみつぼーい:ハチミツボーイ

モノクロッドちゃんと
ベリ子ちゃんに渡しますです

音楽バトン

~~~~~~~~音楽バトン~~~~~~~~

1.このバトンをくれた人を曲に例えると?
えっと下に書きました。

2.自分を曲に例えるなら?
下に書いたんだけどな...

3.車の渋滞にハマッてしまった時に聴きたい曲は?
すいません手違いで下に書いてしまいました^^;

4.恋が成就しなかった悲しい夜に聴きたい曲は?
あれ?この下だと思うんですけどね。

5.仕事や学校の帰りに電車の中で癒してくれる曲は?
もちろん下です^^

6.ビルの合間を駆け抜ける時に聴きたい曲は?
あれ下に僕の考えてる曲が...!?

7.真夏のビーチに着いてすぐ聴きたい曲は?
あら、やっぱり下にあった^^

8.片思いに苦しむ夜に聴きたい曲は?
もう下ですよ

9.大切な友達と喧嘩した後に聴きたい曲は?
えっと… 難しいですね…
確か一番上の質問の答えに書いておいたような…?

10.次に回す3人を曲に例えると?
にしむら ひろゆき さん 「4分33秒」
あべ しんぞう さん 「ラルゴ オンブラ・マイ・フ」
すてぃーぶん ほーきんぐ さん 「snow(hey oh)」

貰ってねー^^

あはれ

地味に凄い技ってのは数え切れない程あります。
「竹輪笛」とか「ペン回し」とか「芋判子」とか...

しかし...極稀にTVに御呼ばれされ、何やかんやと技を出し尽くされ
暫しの茶の間の閑話になるその程度の...が哀れ...
大方、地方局の時間埋めの凌ぎのダシにされるんですよね。
向こうにしたって元の意識がその程度の物ですから、中途な扱いに留まるんでしょうし、居座りが悪い。
演者が緊張してたりすると、もう見てて切ないレベルです。

もっと言うとそのに名前が付いていたりすると更に切ない。

何だか何処かで聞いたことがある様な、ヨコモジの組み合わせ。
あの胡散臭い響きの哀れさ。
口からあんな言葉が出ていて、恥ずかしくないんでしょうか。あの時点で既に飛んじゃってるんでしょうか。
何と例えようか...それ一発だけで散っていく様な...哀しさを感じます。素直には楽しめないです。
”バラエティの素人芸コーナー”を見ているとき無性に感じるシンパシィに似ている...かも知れません。

いや、根源を辿るとサーカスのピエロに行き着くのかも知れませんね。

とてもやりきれない様な気持ちになるのですが、何故また見てしまうのでしょう。

僕らに出来ることは彼らが失敗しないようにお祈りするだけです。

口調

何故だか慣れない口調で今まで通してきました。
報道に頼って適当な解説をする分には、特に苦痛でも無いのですが主題の思想を語る口になるとこの分では幾分厳しいものがあります。

この口調は些か読者諸氏に媚び、再見を増やさんとする筆者の悪どき魂胆の表れでありまして、今後は邪念を払い一人語りと為る次第でありますm(_ _)m

***

いや...それでも偶に戻るかも...しりゃせんが何卒...宜しゅう御座んすm(_ _)m

壷閉鎖騒動とひろゆきにおけるcoolについて

「世論の吐き出し口」から「痰壷」まで様々な異名をとる巨大掲示板群「2ちゃんねる」の存亡が危ぶまれているそうです。

管理人のまろ...ひろゆき氏が「金目の物総差し押さえ」と云う憂き目(いや当然の結果なのかも分かりませんが)に遭い、史上初のドメイン差し押さえになるかも...とのこと。

「2ちゃんねる」に関する訴訟には一切出頭したことが無いとか(あれ、昔「おいらの仕事は一週間に一度くらい裁判所に行くことです」って冗談めかして言ってませんでしたっけ?)。戦わずして敗訴し続け、賠償金総額ウン千万円とか。一体 氏はどう云うスタンスのもとにそう云う行動をしているのか解りませんが...


では今まで何故逃げ遂せて来れたんでしょう?


別に「2ちゃんねる」のドメインを差し押さえられたところで氏にも、住人諸氏達にも痛くも痒くも(言わずもがな)無いんでしょうが、そもそもひろゆき氏が巧く網目をすり抜けて来た、その手法には舌を巻きます。

氏は往年の小泉総理の様に、妙な理屈を口走ることがありますが...それが皆、言い得て妙なんですよね。

裁判所の出頭命令にも応じない等、一見すれば非常識と云うか愚行ですけれど、氏は何か大勢を納得させられる道理を踏まえて居るのでしょうね(いや希望と云えば希望ですが)。
其処の所だけ見ると、表面上は「革新的」だったり「効率的」でも道理に反する様な行動を平気でする、所謂勝ち組(特にIT産業の...)の方々とは一線を画す気がしますね。



個人的には、氏は天才だと思っています。
冗談では無くて本当に、「2ちゃんねる」は900京円の賜物ですヨ、ひろゆきさん...

方言バトン

2、3日PCから離れていました。
バトン貰ったんで今日はこれで勘弁して貰いましょうかね。
方言... か...(・ω・´;)

ルール:次の台詞をあなたの方言(よく使う言葉)で書き換えなさい。

1、今何をしているの?
今何しとんの?

2、それ、どうしたの?
どしたん?

3、可愛いねって言ってたよ。
「きゃ~わぃー」つってたよ。

4、本当に好きなんだよ。
ほんとに好きなんよ。

5、ねぇ、そこのリモコン取ってくれない?
ねぇ、そんリモコン取って?

6、ここへはどうやって行ったらいいのかしら?
ここへはなして行けばいいんでしょ

7、もし、好きだと言ったらどうする?
もし、好きだと言ったらどうする?

8、早口言葉言える?じゃあ、言ってみて?
早口言葉言える?じゃ言ってみ?

9、あのね、今度の休みにエステに行こうかなって予約してるの。
あん、今度のひまにエステに行くべーと予約しちょるの。

10、これ、回す人いる?(方言と答えを)
これ、回す人おる?

おらん><

平成攘夷

日本という国に産まれて、後悔したことは一度たりともありません。
真面目に世界一の良国だと思っています。
しかし気に掛かることはあります。

国家の品格という本を御存知ですか?

一昔前から、主に外国人によって「日本人には論理的思考力が無い」と叫ばれ続けてきました。
それ故に論理的思考力の欠如による(主にビジネスでの)不具合について多くの本が(主に日本人によって)書き立てられています。しかしこの本はそうした潮流に対して完全に逆の姿勢を採っています。

僕はこの本を最後まで読んだ訳では無いのですが、
非常な新鮮な印象を覚えました(ベストセラーになったそうですね)。

論理的、合理的を実践している欧米諸国等の先進国において、深刻な問題が持ち上がってきたこと。西洋文化の論理的社会が破綻しかかっていること。東洋文化、特に日本の武士道文化が見直されるべきであるということ。

情勢は明らかに変わって来ているようですね。
これまでのガイジン達の揶揄は一体何だったんでしょうか。

英会話のCMがあります。
街角に外国人が現れ、近くに居た買い物帰りのオバチャンに道を尋ねます(勿論英語で)。
オバチャンは勿論チンプンカンプンで、偶々近くに居た男の子が、流暢な英語で外国人に道を教え...とまぁこんな1シーンがあるのですが、

これ、何だかおかしいと思いません?
どうしてCMに出てくる外国人はさも当たり前の様に母国語で喋りかけてくるのでしょう?彼等にとっては見知らぬ国の筈です。
それに対して、英語なんか喋れっこない普通のオバチャンが憂き目に遭って、年端も行かない子供が得意そうにしているのが情け無い...

ある人曰く、「”郷に入っては郷に従え”は日本人だけの思考で、外国人はそんな考えは持っていない」そうですが...
日本だって自己満足抜きにしても、世界有数の大国の筈です。

外国に行く為に英語を習う日本人の話は聞いても、
日本に行く為に日本語を習う外国人の話なんて聞いたことあります?

何故日本人は此処までへつらうのでしょう?
国際化、国際化と短格的な論理を推し進めて先進国を追っかけても、当の先進国達は既に深刻な矛盾と破綻に見舞われているのです。

我等が勤勉な日本国民には、もっと自信を持って欲しいものです。

***
何だか有り難いコメントが沢山で...
本当、有難う御座います!!m(_ _)m

時計の侵食

何故だかあちらこちらで時計が目に付きます。

壁に掛かっている大きな時計、
机の上の小さな時計、
寝床にある目覚まし時計、
携帯の画面上のデジタル時計、
炊飯器の文字盤にまで時計が...

そこら中でチクタクチクタクされるのは非常に不愉快です。

あんなちっぽけな道具が自分の寿命を削っていっているのかと思うと、ねぇ...
まぁこれは偏屈ですが、昔から時計と云うものがあまり好きではありませんでした。

相対性理論の検証の際に、ジェット機に搭載された時計が遅れたときなんて奇妙な快感すら...
考えてみると、常日頃何があってもリズムを崩さない時計が歩を遅くしたと云うのだから何だか物凄いことを成し遂げたのでは...という気がします。
勿論時計と云うのは時間を覗き見るための窓ですから、其処の所食い違えるとちょっとアレなんですけどね。

そもそも時計が本格的に使用される様になったのは(記憶が定かなら)産業革命が起こってからで、人間が機械の動作に従属する様になった時からですよね。その由来がまた気に入らない...

最近はPCのデスクトップにウィジェットととして置いたり、webサイトやblogにまで時計を設置出来るそうですね。
こうなると之は最早時計の侵食...
あんな小さなスペースでもちゃっかりチクタクチクタク...用途が分からないですねぇ...
あぁ云うのを設置する方にとっては、blogなりwebサイトは自分の部屋なんでしょうね。
部屋には時計が要るってことでしょうか。
僕の場合は、まぁ物置小屋って所です...

...しかし!!砂時計は好きです。
何故でしょう。眺めていても飽きないし、物珍しい感もするからでしょうか?とにかくアレは大好きなんですよね。
砂時計自体が詩的と云うか、其処らの雑貨より2ランク程上にあると云うか...砂時計があるだけで空気が変わるってことですかね。

色々書きましたけれど時計が無ければ生活出来ない...のは事実なんですね。嗚呼何ともはや......
このblogだって日巡りの周期に支配されてる訳ですし;

Booklog

自分の読んだ本を紹介出来るスペースがあります。
画像+コメント+五つ星評価が出来るんですよ。

固名は避けますが...僕のサイトの本館ProtoType*のメニューから探せば行き着けると思うので、興味のある方はどうぞ。

どんな本を読んでいるかが分かれば、その人の大まかな趣向や思想が掴めますよね。
逆に言えば自分の読んだ本を紹介することによって、他人に自分の趣向や思想を刷り込めるということに...

僕なんかはそれを利用して、趣向の合う人を探してみたりしているんですが如何せん世間は広いですねぇ...
そんな方に出会ったことは未だ無いです。

何にしろ、これは非常に便利なものですね。
勿論、そのスペースに「読みたい本」をリストするも良し。
「商品の宣伝」なんかにも使えるかも知れませんね。活用の仕方は多種多様...です。
本の紹介と同時にアフィリエイトが出来るのも特色です。

まだ開発途中で、操作の不都合な点が若干在るのが難点...;

携帯電話

DoCoMo、SoftBank、auで携帯のシェアはほぼ三分されております。
特に昨今注目を集めているのは携帯産業に参入してきたSoftBank

文字通り予想外の挙動を見せ、ユーザーをハラハラさせております。
他の二社に比べ、まだまだシェアは小さいですがその意外性には舌を巻きます。DoCoMo、auには無い独自の雰囲気があることも注目を集めている理由でしょうね。
多少強引な戦術は親会社譲りでしょうか...

さて、携帯と云うのは他の製品よりも周囲に影響されることが多いものです。携帯の個々の性質云々だけで無く、同じ機種同士での「結び付き」が大きいでしょう。
ともすると、早い段階で「予想外割」を発表したSoftBankには何らかの焦りがあったのでしょうか。
オセロ板を引っ繰り返すような大手を掛け、一気に逆転を図った孫氏の頭の中には一体何が...

何を考えていたか分かりませんが、その後にプランの裏を認知されるや萎んでいったSBフィーバー、哀れ......
僕が孫氏の立場にあったら、言語道断的な常識破壊プランを打ち上げるよりは、まず徹底的に他社との比較を進めて堅実にシェアを伸ばしていくでしょうけれどね...

まぁ非常にSoftBankらしい(孫氏らしい?)やり方だとは思います。
あれ程分かり易い方法も無いでしょうしね。
それにしても契約変更手続きに混乱が生じて、大流出が防げたのが幸いです。
サービスも大切ですが、マイノリティになるのは不都合ですからね...

人為的に起きたにしても、評するでしょう。

三行日記バトン

【3行日記バトン】
1:日記のタイトル
バトン(ノ゚∀゚)ノ

2:日記本文(3行以内で書いてください)
バトンね
人生初なのよ
え、もう終わり?

3:次にこのバトンを回す人を3人。
ONEMANさん
Fullereneさん
王平君

初詣

昨日友人と初詣に行って来ました。

僕の住む街には、ちょっと名の知れた神社があるのです。
毎年元日から三日にかけて、何十万人も参拝者が来ます。

まぁ人が塵の様な状況になるのかな、と思いながら参道に続く街路に繰り出したのですが...

思いの他、人は少なく閑散としていました。
複雑な気分ですが…まぁ、お宮さんに賽銭を投げる手筈も今年は大分楽になったので…良かったのかな かな?

テキヤがかなり稼いでるみたいでした。
僕は何も買わなかったですけどね...

タコでは無くてエビの入っているエビ焼きなんか、美味しそうだったんですけどね。
まぁ何事も無く終わってしまいました、ということでした。
御神籤は「吉」

「学業の努力が報われるでせう」

ヽ(゚∀゚)ノ





*****
最後になりますが、blog移転しましたm(_ _)m

Home > 2007年01月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。